このページの本文へ移動

A.可能です。

働き方改革による柔軟な働き方の一つとしてのフレックスタイム制について質問が増えています。

コアタイムを設ける日と設けない日があっても特に問題はありません。

ですので、例えば月曜日のみ週始めの会議の為にコアタイムを設けるようなことも出来ます。

また、日によってコアタイムが異なるのも可能です。